misugi まぜまぜマン

メールお問合わせ
TEL:072-624-0080 / FAX:072-624-4269

まぜまぜマンだより

トップページ > まぜまぜマンだより > ユーザー様の実用例

カテゴリ【ユーザー様の実用例】の記事を表示しています。

オリジナルスパイス

2020年5月13日
自社オリジナルのスパイスを製造されているメーカー様にまぜまぜマンを導入いただき、日々スパイスの製造にご活用いただいている様子をinstagramで時々ご紹介いただいております。

まぜまぜマンで「オールグースパイス」を製造されている動画

・外注するほどではないけど、手作業では生産量が少なすぎる。
・設備投資額を抑えて内製化したい。

このような場合にまぜまぜマンがお役に立てます!

プレミックス粉(ホットケーキミックス、パンケーキミックス、お好み焼き粉など)、ブレンド茶、スパイス、コーヒーの混合に。

絶縁ワニス

2010年6月11日
某大手電機メーカーの工場でワニスと硬化剤を均一化する工程で従来撹拌羽根にて長時間かかっていた撹拌工程を【まぜまぜマン】で数分で均一化できたというお話をいただきました。
実際、硬化時間にばらつきがなく容器内で均一化され、容器内のどの部分をとっても硬化時間は同じということでした。

羽根を使用しないので洗浄の必要もなく、密閉状態のまま撹拌できるので内容物やガスの飛散がなく作業環境が改善されます。また異物の混入の心配も不要です。

お客様の声vol.1 [塗装関係]

2009年6月1日
2003年にSKH-40Sをご購入いただいた塗装業のお客様より、先日リオーダーを頂きました。

「まぜまぜマンを使うことにより、従来捨てていた塗料が無駄なく最後まで使えることにより、材料費の削減になり、その上残材の処理費用が不要になり、大変助かっている」

というようなお言葉をいただきました。

実際、天板を切って撹拌羽根で混ぜることと比べると、上記以外に

・缶の隅々まで均一に混ざり本来の材料の性能が発揮できる。
・撹拌羽根等の洗浄作業が不要。
・天板を切らないので缶の積み重ね保管が可能で輸送が容易。

などなど、利点がいっぱいです!
トップページ > まぜまぜマンだより > ユーザー様の実用例
有限会社ミスギ
〒567-0004 大阪府茨木市南耳原2-13-2
TEL: 072-624-0080 FAX: 072-624-4269
ミスギのInstagram ミスギのYouTubeチャンネル
トップページに戻る まぜまぜマンについて 標準品 特注品 動画 導入事例 FAQ 会社概要 お問合せ メニューを閉じる
SKH-40簡易型 SKH-40シリーズ SKH-90シリーズ SKB-50シリーズ